• 振動解析法や動的設計に関する実用的な知識と能力を身につけ,振動問題に対する知識と問題解決能力を高め,実務に役立つ対処法を習得する。