• 実在流体の流れを理論的に取り扱う際に,物体の抵抗や管内流動などの問題は実験との比較から流体粘性の影響を無視することはできない。 本科目は粘性流体の流動に関して,理論的に取り扱う際の基礎式,物体表面上の流れに関する境界層理論,流れが乱流になったときの現象を取り扱う乱流理論を学習する

  • 本授業では,まず材料設計に必要な基礎的概念について取扱う。次にそれらの使用に際して必要となる疲労強度,環境強度の基礎的概念について説明する。さらに実用化が一部始まっている超鉄鋼材料に着目し,次世代の材料創製法についても言及する。