• 本コース受講にはコース登録キーが必要
  • インターフェースの資料がダウンロードできます!
    本コース受講にはコース登録キーが必要

    アクセスできない場合は古林(t.furubayashi@maizuru-ct.ac.jp)まで連絡してください。
  • 本コースは
    前期”シーケンス制御による制御基礎実験”
    後期”インターフェースの実験”
    のLMS(Learning Management System)です。
    中川・古林実施のテーマを受講中は毎週このコースを見ること笑顔

    本コース受講にはコース登録キーが必要

    受講学生で登録キーが必要と表示されていましたら、
    t.furubayashi@maizuru-ct.ac.jpまで。
  • 電気・電子工学の基礎となる電気磁気現象のうち静電気工学について学ぶ。

  • 数値解析の基本的手法を習得することを目的とする。講義では、数値解析の最先端は高度な数学的知識を要するので、すでによく知られ広く利用されている種々の標準的な方法を学ぶことに主眼を置く。また、基礎的な数値解析のプログラムを作成することで、理論だけでなく実践的な技術の習得も目指す。
  • 情報理論は、情報と通信の基礎となっており、電気・電子の分野で重要である。授業では、デジタル情報について限定し、データの圧縮と通信路の符号化について学習する。これらの内容を通じて、情報理論の基本的な考え方を理解することを目的とする。
  • 現代の IC 社会においても、個別部品からの電子回路の理解は必要不可欠です。本講義では、電子回路の基礎・基本を習得するために、最も原理的な種々の回路を取り上げ、その動作を学習します。
    (電気情報工学科・3年生)

    E-mail: yinoue@maizuru-ct.ac.jp